羽田空港着陸やり直し2012年ゴーアラウンド(着陸復行)



2012年8月1日の夕方に旅客機2機が都心部を低空飛行していたという都民からのツイッターへの 書き込みが複数あったようです。
この件についていくつかの市民系ニュースサイトが取り上げていましたので具体的なルートと高度を調べてみました。

本ページの内容は転載自由です。自由に内容を改変していただいてかまいません。
過去には「2004年9月19日、オリエント・タイ航空のジャンボ機(ボーイング747型)が都心部低空飛行。
このときは、16Lの視認進入での着陸を試みようとしたようだが、大回りしすぎたようです。
ネットの転載記事によると、同日午前0時14分、東京湾上の高度約1200メートルで視認進入の許可。
17分ごろ荒川河口上空・日本橋や東京タワー・JR品川駅付近を高度400〜600メートルで飛行。
24分に羽田空港に着陸した。とのこと」のような事例もありました。


○取り上げていたニュースサイト
【東京都内騒然】ジェット旅客機が都心部を低空飛行か / 新宿区・渋谷区・大田区などで目撃証言が相次ぐ (ロケットニュース24)
「渋谷や新宿上空でJALやANA機が低空飛行」のツイートが本当にあるかどうか調べてみた

まずはリアルタイムで航空機の位置がわかるサイトで当該時間に地点データがあるかを調べてみました。 利用したのはflightradar24.com です。
このサイトは航空機から出される位置と方向と高さのデータ通信を提携利用者から提供を受け インターネットで公開しているサイトです。
プレイバック機能で8月1日の17時にどのような機影が表示されるかやってみます。 UTCの時間ですので08:20(日本時間は+9時間の17時20分)ぐらいから見てみます。

確かに17:30〜17:40に着陸やめて都心部を飛行している航空機がいました。 データは2分ごとのものしかありません。赤四角はデータのある位置であり 赤四角同士を結んだ色の付いたラインを飛んだわけではありません。

まず1機目
日本航空JAL1490(B738)高知空港から羽田空港に向かって飛んでいました。
地点と高度データは下記になります。時間は東京の時間です。
時間−高さ(m)−位置
17:28-732m-浦安沖
17:30-244m-埋め立て地(東京ゲートブリッジ)
17:32-533m-JR大森駅
17:34-1227m-新宿区大久保
17:36-1234m-墨田区
サイトのデータは赤い■の所のみです

JAL1490の飛行ルート
JAL1490の飛行ルート

続いて2機目
ANAのNH1260(B772)上海から羽田空港に向かって飛んでいました。
地点と高度データは下記になります。時間は東京の時間です。
時間−高さ(m)−位置
17:30-785m-浦安沖
17:32-236m-埋め立て地(東京ゲートブリッジ)
17:34-1227m-品川区戸越公園
17:36-1227m-豊島区高田
NH1260の飛行ルート
NH1260の飛行ルート


08/02追加

続いて利用したのは東京航空局の 羽田空港飛行コース です。
本来のサイトの使用方法ではありませんがご容赦ください。
こちらでは更に詳しいデータが参照できます。

まずは航跡のデータ
公式航跡データ
航跡データ
flightradar24のデータと数百メートルのズレがあるようです。(どちらが正しいかはわかりません)
最南端は森が崎あたりで高度460mだったもようです。
航跡データ

航空局のデータでの位置と高度情報
高度-位置情報
250m-京浜島
450m-大森南
500m-平和島
600m-馬込
700m-旗の台
800m-武蔵小山
1000m-中目黒
1100m-駒場
1200m-西新宿

おわりに
低空ではありますが航空法上?ではさほど問題とはならないものと思います。
普段見慣れないことですので気にする人は多いのでしょう。


戻る
00025686